FC2ブログ

ARTICLE PAGE

久々に現れたブルースクリーンに「また遭えたね」と涙する

いわゆる学生たちの夏休みが終わりそうだということで勝手に感慨に浸っていますが、
その感慨すら奪われんとしている学生たちは取り戻しにきてもよいのだよ。
宿題って響きが既に遠いですね。こんばんは。

今日は職場で、これもまた久々に「ブルースクリーン」という単語を聞いて懐かしかったです。
自分のPCでは新しいのにしてから2年で1回ぐらいは見たかどうか、というところ。
出れば出るほど寿命が近いのかと思うあの現象ですけれど、出ないとそれはそれでで、ですね。
Me使ってたときは凄かった。

さて感想カテゴリです。
今回はギャグ漫画。
大喜利とかやっちゃってる以上ギャグ漫画も結構好きなのですけれど、
他の本やらに比べるとそれほど買う割合が多いわけではありません。最近他の要素なしにギャグまっしぐらという作品もそう多くはないですし。
そんな中発見したギャグまっしぐらです。


ふうらい姉妹
長崎ライチ・ビームコミックス

表紙にまでネタを突っ込む気概とその質に惹かれて買いました。見つけたのは結構前なのですが、今日は買える体調だと思った日に買いました。
内容はと言えば表紙で合うと思えば合うし合わないと思えばまぁ1冊ぐらい試してみれば?って感じです。
つっこみの要素が若干弱いせいかシュールと評されてるみたいですが、
表紙の通りきちんとボケる感じのネタが多い印象でした。
シュールなる言葉が乱用されている気がする。
ともあれきちんとボケて、それをゆるめにつっこんだり時には流したりする雰囲気が好きな人ならいけるんじゃないでしょうか。

あとやたら着せる服が凝ってるし場面が変わるたびにちゃんと服も変わってます。細かいわー。

惜しむらくは刊行ペースが年1冊ぐらいという所ですが、忘れた頃に出てたら買いたいなと思いました。
作者買いも今後ありうるでこれは。

そんな感じでした。
面白いもの読むと面白くなりたくなりますね。

2 Comments

ぱたぱたぱた  

うむ、買わせてもらったぞよ^^;

…概ねめえさんのレビューのとおりです。シュールな小技を連続でたたみかけるような話展開は、個人的には好みの部類。質でいうとスリムクラブのネタに近いかな^^;
 キャラの服飾が凝ってる点、ギャク要素とは無関係に思えて実はギャグ部分と相対する現実感を演出するギミックという点で作品のスパイスになってるのかも。
 個人的推しキャラは馬七。あとしおりちゃんの真顔力ハンパない^^;

2012/09/01 (Sat) 19:10 | EDIT | REPLY |   

めえ  

わーいありがとうございます。
しかしアフィとかではないので僕に金は入らないのであった。
やっぱりシュールなんですかねこれ。僕は違う説を推しますがまぁ定義によりますか。
子供時代のれい子姉さんはマジで心配になります。

2012/09/04 (Tue) 00:38 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment