大喜利、プログラム、その他勉強、あとお笑い全般とかの予定

2010/04123456789101112131415161718192021222324252627282930312010/05

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
どうも僕です。
今回は大喜利カテゴリなのですが、いつもとは趣向を変えて大喜利論的な何かを書こうと思う次第。
でも別に面白いネタの作り方とかではないです。

ではテーマは何かと言えば「ネタ作りに限界感じたから大喜利論に頼ることにしたよ」
という極めて個人的な話。

そんなことを書こうと思った経緯なんですけど、
最近どうもネタを出す瞬発力に欠ける気がしている、というなにこれ加齢?な事実からです。
ここでいう瞬発力、っていうのはつまり、お題を見てから「あ、これは良いかな」って思える最初のネタを考えつくまでの速さのこと。
これがね、どうも鈍化してる気がする。
もともと大喜利PHPなんかでは成績よろしくないので、元からあんまり無かった気はしてたのですが、
最近とあるお題で「やばいこれ全然思いつかない」ということがありまして。
取り敢えず書いてみたネタも全く面白くなくてですね。

そこで思い出したのが、大喜利攻略法みたいな記事がどこかにあったな、と。

これまで僕のネタの作り方はちょっとずつ変わってきました。
初期は投稿フォーム目の前に考えてすぐさま投稿。
そのうちメモ帳にお題と〆切り書いて推敲するようになり、
今はお題の要素とか攻め方を列挙する、ということもやってます。

でも「お題」から「ネタ」に辿り着くまでの間には決まった型って無かったんです。
あくまでお題を頭に入れて、ごにょごにょこね回してネタを出す。
で、出てきたものが面白いかどうかと考える、と。

無意識には型はあったのかもしれませんが、
今回意識的に型、つまり攻略法を導入しようとしたのは結構大きな転換だな、と思ったのでだらだら書いてる次第です。

ちなみに参考にしたのはこちら
表現編はだいたい普段意識してることが多いので無駄に長くやってるだけはある。
けど、発想編はむしろ意識しないようにしてやってきたのでなかなか新鮮です。
ネット大喜利では評価辛そうなものは除き、取り敢えず書いてあることを意識していくつかネタ出し。
すごい割とあっさり何個かできた。
ついでに意識してないタイプのネタもできた。

無事投稿できまして、結果はそこそこでしたとさ。
まぁ送ったのはあっさりできた後に勢いで作ったやつですけど。

で、この「攻略法」というものについて。
短時間で質の高いネタを、っていうリアルタイムの大喜利形式ではほぼ必須のものなんだろうなと感じました。
意識して使うんじゃなくて、無意識にまで刷り込んでより面白いものを考えるくらいのレベルで。

どこか僕は「脳から直接ネタ絞り出したい」みたいな拘りが前からありまして、
こんな風にいじると面白くなるよ、って言われるのはあんまり好きじゃなかったんですが、
老いる中面白さを向上させていく上では必須のテクニックかもしれない。と思い取り入れていこうとする次第であります。
皇潤ですね。
こういうのを取り入れて練って自分の中で新しい型を生み出したりして大喜利する人は進化するのであろう。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
そうか…ずいぶん逡巡したのだな…
よ~し、父さんの胸で泣くがいい!
ヽ;^^)ノ

記事中に「スランプ」という語を使わないところに、めえさんの大喜利士としての矜持が窺えるな^^;
伊達と酔狂でボケている俺としては、あまりアドバイスできることはないのだが、チーム戦で出会った人たちとも話しをしてみたりするのも手。
それでも不安なら、旅かなんかしてリフレッシュだな~^^;
2011/09/11(日) 19:51 | URL | ぱたぱたぱた #aBqIC1T.[ 編集]
特に意識しなくても別のお題だとぽんぽん出たりするので、スランプとはちょっと違うかなーって感じです。
こういうのを書きたい気分だったというのが一番の理由ですかねー。
ネタの作り方で相談ってあんまりしないですねこの業界。した方がいいとも言えないとは思いますけれど。
2011/09/12(月) 00:35 | URL | めえ #fk7Lge2w[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://unknot.blog21.fc2.com/tb.php/105-d8f3cf73
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。