大喜利、プログラム、その他勉強、あとお笑い全般とかの予定

2013/051234567891011121314151617181920212223242526272829302013/07

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
また大喜利だー!
日常とか仕事ばっかりですつまんなーい!
あ、ぎゅいーっと集中して本読んでるのは楽しいです。またそろそろアウトプットちょっと抑える時期か。

それはよしとしまして、今回は仕合です仕合。
なんのことかと申せば、いま虎猫さんがブログやらツイッターで募集している、vs虎猫ガチタイマン真剣勝負な大喜利のことです。
一試合目の音色さんに続いての参戦となりました。
先月実際お会いしたよしみもあって直々にお声がかかりまして、僕も大喜利熱上がり気味だったのでぐいぐいお受けしました。

これはもう分析・反省・ネタ作るまでの過程なんかを詳細に書いてこそ面白そうな企画だと思いましたので、
張り切って書いてる次第です。
兎にも角にも結果は↓
ちなみに2ネタ合計点勝負です。

仕合-しあい- 対 めえ

勝ったぞ…勝ったぞ……!ふぉー…!
投票開始序盤は抜きつ抜かれつで相当ハラハラしてて、締め切り最終日でもこのルールだと十分逆転されうる差だったのですが、
投票人数も伸びつつ勝てたという結果からすれば文句ない出来です。
ガチ勝負ばちばちで虎猫さんに勝てたというのも相当な自信にできそうです。戦績じゃ戦績じゃ。

喜びを噛み締めつくすのは後に回して、互いのネタの評価感想を書いていきます。
自分の没ネタやら練る過程やらは続きを読むに隠しておきますので、そちらをご参照ください。

お題は茹でキャベツさんご提供。
縛り、使える要素、別要素の織り込み易さなどなど良題であったと思います、ありがとうございましたー。

【お題】
バードウォッチングの先生が声を荒げて怒ってますけど、
あなたは一体何をしたんですか?

(お題提供:茹でキャベツさん)

まず自分。

小鳥をふわっと握ったままボクシンググローブ着けた(めえ)

→1位ネタ。得票率も4点頂いた数から言っても文句ない出来ですが、本命ネタはもう1個の方だったりします。ぼけおめあるあるというか2投稿企画あるあるというか。
ついでにこれを作る前にもう1つ本命ネタがあってそれを没にしてるんですが、それは続きで。
とにかくこれは結構急ごしらえなネタです。
内容としては、今回のお題は「声を荒げて怒る」が面白ポイントだと思ったので、最初の読み味で「ひどい」って思わせる方向に発想を向けようと思ってました。
かと言って残酷100%は笑いづらいし、何か別の要素・雰囲気が混ざってるやつのがいいかな、
という辺りが選定理由です。まぁ今見ればゆるい残酷というだけですが。
「小鳥を」は付けなくても伝わるかなぁとも思いましたが、ちょっと自信なかったです。
あと「握ったまま」「着ける」っていう絵が伝わるかどうか、も投票始まってから思った心配点。
ともあれ、割りと意図通りに伝わったネタではあったんじゃないかな、と思ってます。

次ー。

トランペットで次々に吸い込んでは鳴き声をコピーした(めえ)

→発想の元が出たときに「きた」と思ったネタです。
原型は「ピアニカで吸い込むたび鳴き声の音階をひとつずつ覚えていく」でした。
「ピアニカに吸い込むイメージねぇよ」て気付くまで何個か考えてしまったことよ。
さっき出しました「声を荒げて怒る」にも沿ってるし、無表情で淡々と野鳥を犠牲に技術を上げてく感じが伝わればいいかなと。
トランペットに決めてからは後半の言い回しをずっと練ってましたが、最終的に伝わりやすいかなと思って投稿の形に。
ちょっとカービィの感じが出すぎてしまったのがどう影響したかは計り知れないないですが。
素直に「音階を覚える」でよかったかなぁという気もします。
笑わせどころとしては上のと一緒なんですけれど、上が静かな柔らかい動作なのに対して、こっちは激しさと動きそのものに面白を織り込んでおく、という辺りで対比させたつもりです。
そもそも想像しづらくもありますが、想像しづらいネタって昔から好きで、いいなと思うと出してしまいます…。
実際想像できるか、とか辻褄合うか、とかって関係なくなっちゃうんですよねなんか。
一人に深く刺さるネタは広くは受けにくいというのもよくあることですし、
まぁつまり自分では文句なく好きなネタです。

総合的にはちょっとネタの方向性というか、「ひどさで笑わす」って辺りを被らせたのは勿体無かったかと思います。
でもそれだと多分高点ネタを没にしてたので負けてたかも判りません。んーむ。


では続いて対戦相手、虎猫さんのネタでございます。

徹夜で予習してきて視界にいないのに見つける(虎猫さん)

→虎猫さんの両ネタに共通ですが、ぱっと見ではそれほど目を引くワードの派手さとかはなくて、
お題の根っこを素直に裏切って勝負してきたなって印象でした。
僕はこういうの思いついても大抵怖くて出せなくなって別の単語で修飾してしまう方の人です。
さてこのネタですが、「先生」っていうお題の要素をそのまま裏切ってる形ですね。
これだけでコントの設定にもなってしまいそうな雰囲気。
そのまま考えると、目真っ赤にしたままなんかの達人みたくズバズバ見えない鳥の解説する感じですかね。
で、激怒する先生がツッコミで「何してくれてんだよ」的なことを叫ぶのがこのネタからの想像のピークになる。
「怒らせてしまう原因」と「怒る理由」が理屈に沿ってて共感しやすい、というのがこのネタの強みであって弱みでもあったかなぁと思います。
原因か理由を無視するパターンもあって、僕の高点ネタは原因となる行動が理不尽なパターンですね。
どっちに破壊力を感じて点入れるかっていうのは好み次第だし両取りはできないんですが、僕の初見の印象ではこのネタは素直過ぎるのではって思ってました。
まぁ結果競ってたので、うん。はい。
未だ使いこなせてないタイプのネタなので吸収したいところです。

そして次のネタ。

勝手に人VS鳥の構図にするから踏み込めない(虎猫さん)

→これはバードウォッチングの「鳥と仲良くしよう」みたいな漠然としたイメージを裏切ってて、
これ見てバードウォッチングにそういうイメージ抱いてた自分に気付いたくらいで、良いとこ拾われたなと思います。
ただ笑うにはどうしてもワンクッション挟まってる感じが取れない気もしますね。
そのまま受け取ってもイメージは湧くんですけれど、やはりコントのワンシーンが想像されてしまって。
「声を荒げて怒る」との噛み合わせもちょっと悪いというか、ネタの場面から実際激怒するまで溜めがありそうというか。
その辺の、ネタの場面→お題の場面 に至るまでの過程を想像して楽しめるかどうかが評価の分かれるとこかもしれません。
その意味だと虎猫さんの上位ネタは似た構造ながらネタ→お題までが比較的辿り着きやすい感じがしますね。
その差が全てでも良し悪しでもないとは思うものの、点の入りやすさとしてそういう傾向はわりと一貫してあるかもなぁ大喜利、というお話です。

総合的に見ると、お題の「バードウォッチング」「先生」の部分をがっちり掴みたかった意図が見えます。
僕はどちらでもなく「声を荒げて怒って」にこだわったので、期せずして対照的になったと言えるでしょうか。
ただ恐らく笑いやすいネタになるのは僕の選択の方で、虎猫さん選択の部分というのは綺麗なネタができやすい反面、
読み手の想像に頼らざるを得ない場合が出てくるかな、と。
低点ネタで使ったバードウォッチングのイメージをもう少し練れば、両立したネタができてたかもなぁとも思います。

偉そうなこと言ってますが負けてたらどうしてたんだろう…。

あと僕の2ネタの方も構造が似てたり、目につきやすい単語を両方に使ったりもしてたので、
「この2ネタが同じ投稿者だろう」みたいなのってすぐバレたんじゃないかという気がしてなりません。ぬー。
理想は2人の高点ネタをひねり出せる上で、僕の低点ネタというか自分の好きなネタを好きな時に出せる投稿者です!いえい!

そんなわけで長々書きましたが、ネタ評は以上。
なんと続きに更に没ネタ置き場を設けています。なんてことだげっそりだ。

改めまして虎猫さん、お誘いありがとうございました!めっちゃ燃えて楽しかった!
お題提供の茹でキャベさん、投票にご協力頂いた方々、ありがとうございましたー。
こういう真剣勝負が出来る場はなかなか無いし乱立しても意味はないんですけれど、続けばいいなと思います。
虎猫さんだからできることかもしれないですねー。

それではひとまずお疲れ様でした!ほんとに体力使ったので若干大喜利の量が減っているぞう。
[仕合おう仕合おう]の続きを読む
スポンサーサイト
大喜利~大喜利~。
ちょっとどでかい仕事を乗り越え一息つくかと思いきやむしろ忙しいじゃん?となってるこの頃、
無理矢理月曜に休みをとって余裕を持たせつつ行ってまいりました生大喜利の会。
初めてです、むろん、初めて、です。

お邪魔したのは重力、北京、ナポレオンという会。
ネット大喜利で活動してる人に生大喜利を体験してもらうのが主な目的というわけで打ってつけでした。
というか多分ここ以外だったら行く決心まで辿り着かないですし、そのくらいのハードルの高さは感じますし、
そういう意味では大変ありがたい会なのではないかと。

という訳でネット大喜利一筋だった私めから初生大喜利の感想などなどお届けします。
書ききったらだらだら長くなったので適当に見出しもつけときます。。。

きっかけ
まずそもそも何をきっかけに参加しようと思ったのかというあれがありますけれど、
特に劇的な出来事などはなく、じわじわと興味があって、機会としてちょうど良かったのが今回、って感じです。
実際どうなのかは判りませんけれど、ここ数ヶ月~1年くらいで生大喜利の動画などをよく見かけるようになりまして、
見ている内におもしろいこと言いたい欲が刺激されたとかそういうことですね。健全な大喜利欲よ。


主催者・参加者の方々
取り敢えず現役大喜利バリバリなひと達とオフで会うのは初めてだったので緊張しきり。
べとんさんがいろいろ話しかけてくれたので助かりました。神管理人~。
ほか、ネットで馴染みのある人ない人が狭めの会議室にぎゅうぎゅうになっておりましたが、
こみゅにけーしょんの能力不足でお話あんまりできず申し訳ないでした。
せめて自己紹介考えておけばよかった。

会の内容について
ともかくちゃんとネタ出せるのか、ってことが第一の心配でしたので肩慣らし大喜利はありがたかったです。
ノートにシャーペンで書いたり練習はしてたんだけど、人前で出す、出さなきゃいけないってのはやはりでかい。
出そう出そうと思ってテンプレきっちりのやつを取り敢えず出しましたが、そこからだんだん書いて出すって流れに慣れてはいけたので良かったですね。
他の人のネタもじっくり聞きたかったんだけど余裕がなくてあんまり覚えてないぞーうおー。
そういう意味では観客も兼ねていた主催さん達の笑い声というのは空気を作る重要な要素でありました。メリハリがつく。
勝負はしきぬ=おもしろサイクロン=ふみょへにほぼ全部もっていかれる形ではありましたが、
ほんの少しの爪痕は残せた気がするので良しとします。
しかし自分の色みたいなもんってねぇな僕は。

個別のお題・ネタについては重力、北京、ナポレオンbotで見れるかもね!
「セーラーマーキュリー」おもしろ。

ネットと較べて意識してたこと
とまぁ少々雑な振り返りではありますけれどレポ的なものは区切りまして、
ネットとの感覚の違いとか面白い・面白くないの判断のされ方であるとか、実際にやってみての自分の思考の分析とかその辺を書いてみたいのです。

まず参加の前にある程度「こういう違いはあるのだろうな」て部分はまとめて意識してはおりました。
ネタ出す順、発想の型、効率の良いお題の掘り下げ方など。
まぁその辺を意識しながらやる、なんてことが難しいのはわかっておるのですが、予め考えておくだけでも何か残るものですきっと。

結果から言えば、今回は周りは大喜利やってる方ばかりなわけで、ネタ出す順はそこまで意識しなくてよかった気がします。
とは言えかっちりはまったネタは後半きついなって雰囲気は受けたので、
初手というのは相当に大事だなと思いました。
しかし3分くらいしかない中の後半って難しい。何個か出して一晩寝てから推敲する世界の人であるよ。

発想やらお題の掘り下げもさっぱり意識はできませんでしたね。
まぁ普段から割りともやもやした所からネタを固めてくことが多いので、ある意味いつも通りだったのは楽だったかもしれませんが、
発想の方向の正確さとか笑わせどころの見切りとかを素早く確実にやる能力ってのはネットよりも必須レベルで求められてると思います。

あと生の大喜利と言えば絵ネタですかね。
絵はまったく描けないので全部文章ボケになるんだろうなぁと思っていたのですが、
意外とやってみると表現できるレベルの範囲でも描きたいと思うことがあって、いくつかは実際描いてたのでわからんものです。
これは絵でやるべきなんだろうなぁと思いつつ描けないから諦めたやつもありますけれど。
恐らく絵そのもので笑わすパターンと、発想を伝える手段として使うパターンがあって、前者は画力いるけど後者ならうまく使えればいいな。
関係ないけど僕は字も壊滅的に下手で、ペア大喜利で組んだアキラ☆シゲルさん(そうとう歳下)の字の綺麗さを見てちょっと恥ずかしかった。

それと、「何がうけるのか」って判断は結局やる前もやってるときもついてなくて結構迷う部分でした。
一番うけたネタは、自分らしさはあんまりないと思ってますけど書けたとき手応えはあって、それはまぁいいというか安心できるところです。
違うやつとしてbotに拾われてる例を挙げますが、
「痴漢に言われた気になる一言」 めえ「環境…?」
とかの、ある程度聞き手に委ねちゃうやつは判断に悩む。何故これを出してやろうと思ったかって今わかんないですね。何故思いついたかもわからんですが。
ここは多分「会場の空気」「言い方」あたりも多分に絡んで来てて、その辺を読みきりながら合うネタを放らないといけないのでしょうね。

まとめ
ここまで書いてきて改めて感じますが、生大喜利、ネットと別物です。
まとめて言ってしまえばライブ感、その場の空気感みたいなものの存在。
多分大会とかになってくるほど大喜利というパフォーマンスであることを強く意識していかないといけないんじゃないかと。
間違いなく言葉の遊びである反面、臨場感の効力が殆ど無いネットと較べて、空気の支配力みたいな能力の差は出てくるのだろうなぁと思います。
そこまで意識してやるのは難しそうですけれど、乗っかって没入しながら出したネタがうけるのは凄い楽しい。

住んでるとこの距離もあってなかなか遊びにいく機会もないですけれど、
言葉で勝負なネット大喜利は変わらず大好きですので、ばちばちとネタぶつけて面白を磨いてからまた行きたいですね。
今度はお客さんでいいから大会とか見たいなー。


ここまで読んで頂けたネット大喜利の方、普段研ぎ澄ましてる発想をぶつけて場が湧く楽しさはもの凄いですので、
是非機会ありましたらやってみて下さい生大喜利。
聞いた話だと、生大喜利界隈ネット大喜利勢はジャスティス智彦の参入を期待しているようです。

それでは最後、改めて一緒に遊んだ皆さんありがとうございました。
重力、北京、ナポレオン!(存在しないかけ声)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。