大喜利、プログラム、その他勉強、あとお笑い全般とかの予定

2011/081234567891011121314151617181920212223242526272829302011/10

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
秋だ!涼しいやった!
というわけでブログです。10日に1回は「書かなきゃ」みたいな変な焦燥に駆られますが、内容は特別なこともなく何も考えてない文章です。
大喜利フェス2次予選あっさり落ちました。なんかうばばーっとした状態で推敲とかあんまり出来なかったので仕方ないと言えば仕方ない。

まぁそれは良くないんですけどいいとして、前のブログ記事からの10日程度でずいぶん涼しくなりました。
空調も必要ないくらいで、会社はこの隙にオフィスの空調全とっかえするとか言って工事始めまして、
12月ぐらいまで空調全く使えない状況になるらしいです。大丈夫なのそれ。
ダクトで生活してた侵入者的な人はこの先どうやって生きていけばいいの。ダクトがあった空間でいいじゃないか。

で、そうなると今年はお仕事終了かなぁと思われるのが扇風機。
去年の夏は「動かすと発熱して寧ろ暑いんじゃないか」と思い込み設置してなかったのですが、
結構な辛さだったので今年は実家から連れて来た所、大活躍。と言うかほぼ依存。はたらかせすぎた。
熱気の篭るキッチンで回せば相当楽になりますし、寝るとき動かしておけば取り敢えず寝付けますし。
タイマー切れると夜中に目覚めて朝まで動かし続ける、みたいなこともありますけれど。

そんな彼もそろそろ使わなくなってきまして。まぁさっき食後暑くて使いましたが。
仕舞わなければならないなというタイミングですね。
だんだん掃除機かけるときとか邪魔になって「あぁ、まだいたのか」的な台詞を冷たい目で言い放ってしまいそうになって自分で戦慄です。
こたつの駆動期間が5ヶ月程度であることを考えると、扇風機というのは儚いものだと思いましたとさ。
こたつ12月から4月いっぱいまで使うのもどうなの?って気はする。

10月、11月と自室のエアコンもあまり動かさなくていいような感じですが、
冬はエアコンだと若干パワー不足な上に電気代冷房よりかかるので、何かしらの対策を講じたい。
カーボンヒーター良いけど部分的すぎる。
何してるとき寒いってデスクに置いてるPCやってるときが一番寒い上に僕が主にやってることはPCなので、
つまりPCの移動性を高めてやればいいということに気づきました。
こたつでネットだーうおー。

しかしまぁ涼しい~寒いくらいの方が好きな僕としてはベストシーズン突入です。
10月以降が1年の本番。
スポンサーサイト
深夜に特に何も思い立ってないんですがブログ更新しようとは思いました。
外雨降ってます。まだ涼しくならないので湿度が上がるばかりでやーねー、ですね。
3連休の休み前最後の夜、すなわち夜更かしできる最後の夜ということで既にちょっとアンニュイなんですが、
負けじとだらだらしようと思います。
涼しくなれーくそー。

はい、特に話題ありません。
今日は大根煮ましたね。煮物って下茹でして味付けて、冷まして味を染み込ます、みたいな過程があって、手間は普通の料理と一緒でも時間はかかるので平日はやらないんですけれども、
休日暇なときはやりたくなりますね。まぁ大根余ってたからなんですけれど。
面取りした大根くずはサラダに利用しましたので大変エコとなっております。オリーブオイルと大根ってどうなんだろうこれ。
あと肉肉しさも必要かと思ったので、鶏の手羽元を投入。
肉離れよくおいしいですね、うん。肉離れって文脈によらず怪我の方と思えちゃってなんか怖くなりますね。
タッパーにしまって更なる味の染み込みを期待しております。早めに食わねば。

あとは大喜利ですね。
最近「これはっ」って感じの成績を取ってないなぁと思ってたんですけれど、
単に参加量が減っただけという気がしてきました。サボってるよもう。
まぁこういうのは気の赴くままでよいと思うので、大会とか頑張りつつも負けたら悔しがってまた再燃したらいいなぁ、という感じですね。
嫌な期待ですね。負けたくはないのですけどね。

という訳であんまり最近は脳から何も出てきてくれないので、インプットを色々して遊びたいところです。
極端に一部のコンテンツしか摂取してないので効果のほどは不明ですが、まぁやりたいようにやろう。

いつも以上に何も考えずに書いたぞよっしゃー
どうも僕です。
今回は大喜利カテゴリなのですが、いつもとは趣向を変えて大喜利論的な何かを書こうと思う次第。
でも別に面白いネタの作り方とかではないです。

ではテーマは何かと言えば「ネタ作りに限界感じたから大喜利論に頼ることにしたよ」
という極めて個人的な話。

そんなことを書こうと思った経緯なんですけど、
最近どうもネタを出す瞬発力に欠ける気がしている、というなにこれ加齢?な事実からです。
ここでいう瞬発力、っていうのはつまり、お題を見てから「あ、これは良いかな」って思える最初のネタを考えつくまでの速さのこと。
これがね、どうも鈍化してる気がする。
もともと大喜利PHPなんかでは成績よろしくないので、元からあんまり無かった気はしてたのですが、
最近とあるお題で「やばいこれ全然思いつかない」ということがありまして。
取り敢えず書いてみたネタも全く面白くなくてですね。

そこで思い出したのが、大喜利攻略法みたいな記事がどこかにあったな、と。

これまで僕のネタの作り方はちょっとずつ変わってきました。
初期は投稿フォーム目の前に考えてすぐさま投稿。
そのうちメモ帳にお題と〆切り書いて推敲するようになり、
今はお題の要素とか攻め方を列挙する、ということもやってます。

でも「お題」から「ネタ」に辿り着くまでの間には決まった型って無かったんです。
あくまでお題を頭に入れて、ごにょごにょこね回してネタを出す。
で、出てきたものが面白いかどうかと考える、と。

無意識には型はあったのかもしれませんが、
今回意識的に型、つまり攻略法を導入しようとしたのは結構大きな転換だな、と思ったのでだらだら書いてる次第です。

ちなみに参考にしたのはこちら
表現編はだいたい普段意識してることが多いので無駄に長くやってるだけはある。
けど、発想編はむしろ意識しないようにしてやってきたのでなかなか新鮮です。
ネット大喜利では評価辛そうなものは除き、取り敢えず書いてあることを意識していくつかネタ出し。
すごい割とあっさり何個かできた。
ついでに意識してないタイプのネタもできた。

無事投稿できまして、結果はそこそこでしたとさ。
まぁ送ったのはあっさりできた後に勢いで作ったやつですけど。

で、この「攻略法」というものについて。
短時間で質の高いネタを、っていうリアルタイムの大喜利形式ではほぼ必須のものなんだろうなと感じました。
意識して使うんじゃなくて、無意識にまで刷り込んでより面白いものを考えるくらいのレベルで。

どこか僕は「脳から直接ネタ絞り出したい」みたいな拘りが前からありまして、
こんな風にいじると面白くなるよ、って言われるのはあんまり好きじゃなかったんですが、
老いる中面白さを向上させていく上では必須のテクニックかもしれない。と思い取り入れていこうとする次第であります。
皇潤ですね。
こういうのを取り入れて練って自分の中で新しい型を生み出したりして大喜利する人は進化するのであろう。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。